WIRED BRAINS.INC

COLUMN

ランディングページ×動画
ランディングページ×動画

ドタバタしており、コラム更新をサボっておりました。

素直に反省致しております。

ということで、GW中に釣りをしながら考えたことを。

最近、弊社では、動画制作のお仕事が増えてきております。

過去にもコラムで動画マーケティングについて書かせていただいてましたが、

やはり、動画の活用はマストな感じになってきているなと感じています。

とここで、動画の特性についておさらい。

□ 1分間の動画が伝える情報量は180万語、webページ3600ページ分

□ 動画をみたユーザーがその内容を覚えている割合80%

□ 動画をみると商品・サービスへの理解が74%高まる

□ 動画をみた後の方が、商品の購入率が64%アップ

□ 動画広告をみたユーザーが提供元のサイトに訪れる割合22%

こういったデータを見ても動画の活用がマストになっていると感じます。

で、今日は「ランディングページ×動画」について

ランディングページとは、

「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示される、サイトを含むWEBページ全般」

指す言葉で、LP、ランペ、などとも呼ばれる。

一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、

一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページのこと。

 

ランディングページの最終目的は、顧客獲得や売上拡大。

そのためには、商品やサービスの特性や価値を効率よく訴求する必要があります。

と、ここで動画。

先述した、動画の特性を表す各データを見てもわかるように、

ランディングページと動画の相性はとても良いと言えます。

特に、商品やサービス自体がわかりづらかったり、

使用イメージが湧きにくかったりするものは、

動画で紹介するのがとてもいい。

だって、180万語の情報が1分間の動画にはあるわけで。

基本的にランディングページやwebサイトに自ら検索して訪れる人は

その商品に興味があったり、その商品を詳しく知りたいと

思っている人が多いはずです。

そんな人に、わかりやすく商品の価値を伝えてあげたり、

購入後の使用イメージなんかを動画で伝えることができたら・・・。

弊社では、その辺を実写、アニメーションなどを使って

シンプルにわかりやすく表現する動画を制作しております。

LPのコンバージョン率が・・・

うちの商品、わかりづらいんだよねー。

などなどでお悩みの方はぜひ、ご相談ください。

ちなみに、GW中は一匹もお魚が釣れませんでした。

絶対釣れるHow to動画をググってみたいと思います。